セックスを「話題」で楽しめていますか

 

セックスが「足りている」

若しくは

セックスに「満足している」

方は

 

男性でも女性でも

「ガツガツ」していません。

 

それは、もっと言えば

「セックスしたいな」と 思った時に

 

「セックスしようよ」

と言って

 

「いいよ」

と言ってくれるパートナーが

いる方と

 

そうでない方の違いです。

 

自分のしたいセックスを

「安心していつでもできる」方は

精神的に

「安定」しています。

 

ですから

「余裕」があります。

 

間違ってもお酒の席で

異性を相手に

セックスの話やシモネタを

連呼するようなことはしません。

 

女性の胸を見て 

「おっぱいおっきいね!」

ですとか

「セックスしようよ!」

なんていう事は

 

よほど受け狙いでもないかぎりは

「言わない」わけです。

 

それには、理由があります。

 

セックスの話や

シモネタというのは 

「扱いが難しい話題」ですので、後処理が出来ないのに

話題にしてしまうと

 

「話題にした人物の株が大暴落する可能性」があるからです。

 

しかし

理性を飛ばして

口を滑らせて

失敗している方を

拝見することがあります。

 

たとえば

それは

 

「俺、セックススゴいんだよ。試してみない?」

 

ですとか

 

「私、会う男性にいつも、セックスしたいとか誘われちゃうの」

 

ですとか 

 

言われた方のほうが

 

「はぁ。。。で?」

 

「返答に困る内容の話題」

 

ということなのですよね。

 

女性の胸を見て 

「おっぱいおっきいね!」

と言ったほうは

自分は気分がいいかもしれませんが

 

言われた方は

 

「いろいろな感じ方をしますよ」

 

ということですよね。

 

要するに

 

「その気がない相手」

からしてみたら

 

「興味がない方」からしてみたら

 

「面白くもなんともない話題」

 

であるため

「非常に不愉快」になりやすいということなのです。

 

セクハラの類いは

こんな感じで起きるのだと思います。

 

セックスについて話すなら

「シラフ」で

必要な相手と

きちんと話せば

きちんと話し合うことができますが

 

「酔って」

誰彼構わず

シモネタを飛ばしまくるのは

ただの「欲求不満の解消」でしかないため

 

「面白くもなんともない」

 

ということなのですよね。

 

少し考えれば

「わかること」なのですが

 

欲求不満すぎて

余裕がなく

自分を見失っていると

「大事なこと」がわからなくなるという、いい例なのかなと思います。

 

ちなみに

「ただのシモネタ」と

「真面目なセックス」の話って

「全然違い」ますので。

 

どちらなのかを

しっかり「見極めて」下さいね。

 

シモネタは、本人が

「言いたいだけ」ですから

相手にする必要がないのです。

 

しかし

「あなたとセックスがしたい」という「口説き」を

聞くかどうかは

あなたの感性や経験でご判断下さいね。

 

ちなみに

余裕があり、スマートで

満ちたりている方は

 

「セックスしようよ」

 

なんていう口説き方はしません。

 

あなたが

 

「思わずセックスしたくなるような」

 

立ち振舞いをして

「魅せて」きます。

 

しかしそれは

口説いているわけではなく

「その色気が普通」なのです。

 

それはなぜか?

 

「セックスがしたい」と

思った時に

自分がしたいセックスができるパートナーがいるからです。

 

「この時を逃したら、次はいつセックスできるかわからないから!」

 

 

「フガフガ」し

「物欲しそう」で

「肉欲丸出し」で

「下心の塊」だけ

ではないということです。

 

さて

 

セックスがご無沙汰

もしくは

異性をセックスの対象として肉欲まみれで見ている

 

「余裕のない相手」か

 

セックスが満ちたりていて

スマートで色気があり

セックスを楽しめる

 

「余裕のある相手」か

 

あなたはどちらがお好みでしょうか。