断捨離というほどではありませんが

 

私は2年ほど前に

Facebookをやめました。

 

Instagram

もともと利用していません。

 

Facebookは投稿も閲覧もやめましたので、SNSだけで繋がっていた300名を越える方々との接点は一切無くなりました。

 

一度もお会いしたことのない方々に、自分の感覚や考えをシェアし、それに対して

「反応」や「反響」を頂けることが嬉しくて、毎日かなりの時間を「投資」していました。

 

そして、あの空間の中で出会う魅力的な人物の作り出す

独自の番組やページに夢中になっていましたね。

 

ごく少ない人数ではありますが、数名の方とご縁があり

実際にお会いし、同じ時間も過ごしました。

 

しかし、ある時

「もういいかな」

と思った瞬間がありました。

 

それは

「いいところ」

「いいこと」

といった

「光の部分」だけを

強く印象づけるもの

 

ビジネスへの誘導

 

様々なジャンルの勧誘

 

ブランディング

「つくられた架空の人物」

 

に、飽きたからだと思います。

 

あのツールで

本音で真実を語る人は

まず殆んどいません。

 

しかし

 

友達申請を断ったり

解除をしたりすると

責められたり

理由を聞かれたりしましたし

 

何の挨拶もなく

見ず知らずの方から

友達申請が入ってきたりもしました。

 

実は、どこかで

そういうことが

「なんか、嫌だなあ」と

思っていたのです。

 

しかし

「そういうもの」ですから

意義を申し立てても

無意味ですよね。

 

 

だから、やめました。

 

なんか、嫌だなあ。と

思うものを利用していること自体が、よくなかったと

気づいたからです。

 

他者と繋がるツールとして

使うものが、自分の好みではないので

自分の好みのものに変えました。

 

普段、何気なく

誰でも使用している

非常に便利なものを

自分で選んでいたために

気づかないところで

実は

「なんか嫌なこと」を

うんでいた。

 

そんなお話でした。

 

やめたことで

必要のない広告や

誰かわからないネットワーク上の友人との関わりがなくなりましたので

そこに使用していた時間を

本当に必要なことに

使えるようになりました。

 

結構いいですよ。