借金グセを治すには

以前、何かで

 

「借金は、未来の自分からお金を借りてくること」という

表現をされている文章をみかけた記憶があります。

 

この表現は

とても「わかりやすいなあ」と感じたことを覚えています。

 

過去の知人に、車がとても好きな男性がいらっしゃいました。

その方は

ポルシェのボクスターを買おうか

同額くらいで、もっと機能性の高い車種にしようか

数か月、悩んでいらっしゃいました。

 

ポルシェのボクスターは、恋人と乗るには最高

しかし、子どもを乗せるにはいろいろ不向き

 

結局その方は

ポルシェを購入されませんでした。

 

いろいろと考えた結果

「自分が本当に欲しいほう」と

「自分の子どもが喜ぶほう」と

「お値段と機能性に見合うほう」を

選ばれたのだとか。

 

この方は、車の購入を検討されているとき

「実際に買えるだけの金額」を「現金」で持っておられました。

 

持っておられましたが、この時は

あえてローンを組んで購入するとおっしゃっていました。

 

お金がない。けど「欲しい」から「ローンしてまで買う」

 

ということと

 

お金がある。けど「これ」は「ローンで買う」

 

ということは全く違います。

 

「ない」ところから「ある」状態にして「出す」ということと

 

もともと「ある」ところから「順番に出す」ということは

 

全く違います。

 

この男性は、さすがだなと思いました。

ちゃんと「わかっていらっしゃる」のだと感じました。

 

この違いがわからないと

「普通に借金を背負う」ことになってしまうと思います。

 

そういう「基本的」で「当たり前」のことが

わからないのは現実的とは言えません。

 

自分が「持っている金額分」のモノは「買う」ことができます。

それが「今の自分が買えるもの」です。

 

言い方を変えると

「自分に相応しいもの」と言えるかもしれません。

 

しかし、人は時に

「見栄を張る」ことがあります。

 

自分が欲しいもの。ではなく

「誰かに見せるため」

「誰かに褒められるため」

「誰かにうらやましいと思わせるため」

「誰かに憧れられるため」

「誰かに注目されるため」

「誰かにすごいと言われたいため」

 

選択する基準が

 

自分が「好き」な

自分が「欲しいもの」とは

全く違うことがわかります。

 

自分が欲しいモノではなく

他人が「欲しがりそうなモノ」を買い始めると

もう、収拾がつかなくなります。

 

しかし、そういったとき

肝心の本人は「そこ」に気が付くことはできません。

自分がお金を出して買っているものが

自分が欲しいモノではなく、他人が欲しがっていると

「自分が感じているモノ」とは思っていないからです。

 

他に、よくあるのは

「自分の自信や存在価値をお金で買う」というモノです。

 

セミナー、研修、資格取得などなど

「自分ができないことをお金を出して買う」というモノです。

 

こういったモノは、金額はピンからキリまで様々

種類も非常にバラエティに富んでいますので

「選びたい放題」存在しています。

 

そういったモノは「非常に高額」なモノもございますね。。。

 

「お金がない?だからやるんじゃないですか!」

「この権利が、この金額で買えるんですよ?」

 

大抵の殺し文句は

 

「お金を得るために未来の自分に投資するんですよ!」

 

自己啓発モノは、これでキマリです。

 

「しあわせになるために、本当の自分のために、

自分にお金を払ってあげるんですよ!」

 

スピリチュアルモノは、これでキマリです。

 

表現や言い回しが違うだけで

よーく見ると「ウラにあるメッセージは一緒」だったりするのです。

 

お金がない人、自信がない人に

「借金してまで、自分のつくったものにお金を払わせたい」

 

しかし、「そこ」に気づかないと

さんざん悩んで、さんざん迷った挙句「払ってしまう」のですよね。

 

自分の未来に「可能性」を感じてチャレンジするのは大切なことです。

しかし、お金はエネルギーです。

 

当然のことながら

「湧いてくる術」がなければ

必ず「使えばなくなります」

 

その「湧いてくる術」を持たず

お金を稼げない

お金を作り出せない「自分」が「選択」することには

慎重になりすぎるくらいが「ちょうどいい」と

私は感じています。

 

いままでできなかったことが

いきなりできるようになることは

まずありえません。

 

ですから

 

自分を「信じること」と

自分を「過信」することを

間違えてはいけないのです。

 

未来の自分からエネルギーを借り続けるなら

「湧いてくる術」を身に着けない限り、身を滅ぼします。

 

未来の自分に「たかる」のをやめて

今の自分で「稼ぐ」「創り出す」ことが

 

ほんとうの「自立」ではないかと感じます。

 

自分にないものを買いつづけるのは

キリがないのです。

 

お金で自分にないものを買っているうちは

何も変わりません。

 

お金を払って、そうなるのではなく

いま、ただ

そうなればいいだけ。ですから。