パートナーを成功させるには

今年の節分を期に

パートナーに

「言うのをやめた言葉」

があります。

 

その件については

口を出すことも

意見を述べることも

一切をやめました。

 

私がパートナーと出会った頃

 

彼はボロボロでした。

 

肉体も精神も

傷みすぎていて

表情もなく

疲れ果てていた彼を

無償で癒してきました。

 

そして

パートナーの夢である

「月収1億円」を実現化するため

礎をつくってきました。

 

私がパートナーにしたことは

 

彼を

元気にしました。

支えました。

信じました。

話をたくさん聞きました。

応援しました。

そばにいました。

満たされたセックスをしました。

しあわせにしました。

 

私はパートナーに

注文をつけたことはありません。

 

そのままのパートナーを

どんな姿でも受け入れてきました。

 

どんな表現や表情でも

パートナーを信じてきました。

 

そして

ボロボロだったパートナーは

蘇生しました。

 

わたしはパートナーに対して

これだけのことをし

これだけのエネルギーをかけてきました。

 

しかし、

エネルギーをかけたぶん

エネルギーを放出したぶん

エネルギーがかえってこなければ、私は出すばかりで

エネルギーがもたなくなります。

 

奪うだけの相手では

ダメなのです。

 

ですから

蘇生したパートナーには

その「価値」が

つたわっていると信じています。

 

どれだけ凄くて

素晴らしくて

価値のあることをしてきたのか

本当にわかってくれていると

信じています。

 

ここまで

パートナーのために

様々なことをした女性は

他にはいません。

 

パートナーは

使命ができ

自信が戻り

人生の軌道に乗りました。

 

元気になれたのは

ボロボロだった

肉体と精神を癒したことで

「傷」が「埋まっていった」

からです。

 

傷だらけの肉体と精神では

あちこちから

エネルギーがもれてしまいます。

 

傷が癒えて

自信を取り戻し

エネルギーをしっかりと

自分で保てるようになったパートナーは

見違えるほど元気になりました。

 

苦しんでいる時代から

諦めずにいろいろ

チャレンジをしていました。

パートナーは、本当に努力家だと思います。

 

 

本当にしたいことを

仕事にするのは難しいことです。

 

そして

「うまくいくタイミング」

は人により違います。

 

ですから私は

なにも言わずに

ただ、その時を待ちました。

 

そして、そのタイミングがきました。

本当によかったと思います。

 

私を蘇生させてくれる男性

 私にエネルギーを与えてくれる男性

 私の本質を引き出す男性

 私とエネルギーが回しあえて

循環させられる男性は

パートナーなのだと

信じていたから

 不遇の時代でも

信じぬくことを

継続できていたのだと思います。

 

ただ、純粋に

「タイミング」が

「その時」が

いつかくることを信じていました。

 

そして私は

「時を操作する言葉」

を言うのをやめました。

 

子供は、待てません。

大人でないと待てないのです。

 

時を待てないと

信頼を失います。

 

大切な誰かを大成させたいならば

時を見極められないと

いけませんね。

 

パートナーが大成すれば

女性は必ずしあわせになれます。

 

そうして

男性と女性のエネルギーが

循環して、バランスよく 

需要と供給が成されたとき

 

「ふたりともしあわせ」

 

になってゆくのです。