見つめていますか?

 

私は、かなりの頻度で

パートナーを

「じーーっ」と見ています。

 

電車の中でも

エスカレーターの上でも

食事中でも

家の中にいても

 

最初は、とても

「嫌がられ」ました。

 

先ほども

「気になるんだけど」と

言われてしまいました(´ω`*)

 

なぜこんなに

「見る」のかといいますと

 

「見ているだけで、しあわせなきもちになる」からなのです。

 

特に

かまって欲しいわけでもなく

遊んで欲しいわけでもなく

相手をして欲しいわけでもなく

 

見ているだけで

「満たされる」

といいましょうか。

 

ですから、彼が

テレビや、スマホや、パソコンを見ていてもかまいません。

 

私が彼を「見る」のは

毎日のことですので

 

彼も時々

「ん?どーした?」

という「目」をしてくれたり

「言葉」をかけてくれたりします。

 

「そんなこと」が

私は、とてもとても

「しあわせ(*´ω`*)」

なのでございます。

 

見るだけでなく

時には

「見つめあう」こともあります。

 

これも本当に

「しあわせ」です。

 

パートナーを見ることができる

 

パートナーと見つめあうことができる

 

一見、普通のようですが

私にとっては

「何年も願いつづけたこと」だった。と

先ほど、思い出しました。

 

日常では、当たり前になり、忘れさられてしまいがちな感覚です。

 

いちばん最初に

パートナーに出会った時

 

「時間」が止まった

ように感じました。

 

先ほど、それを思い出しました。

 

あの時

「こうなる」

とは、思っていませんでしたが

 

「こうなる」ことを

「知って」いました。

 

だから

「諦めずにこれた」のだと思います。

 

好きなもの

大切なもの

本当のこと

 

だから「継続」ができるのですよね。

 

ですから

「見ているだけで満たされる」のだと思います。

 

好きなもの

大切なもの

 

は、何度みても

「飽きない」ですし

「見たくなる」

 

何度も何度も

見て

また大切になり

またいとおしくなり

また見たくなる。

 

出会ってから

既に6年ほどたちますが

 

私にとってパートナーは

「そういう存在」です。

 

飽きないですね。

 

何度でも見つめたくなります。

 

どんどん深くなります。

 

あなたは、パートナーを

じーーっと見つめたくなっていますか?

 

見ないと

勿体ないですよ。

 

レインボーセックスに

「見つめる」は「必須」です。