レインボーセックス的 彼が自分だけに夢中になる法則

 

 

「浮気」は、「本気」ではありませんよね。

 

浮気のつもりが、本気になるというのは

「最初から本気だったこと」に

「きづかなかった」

或いは

「認めなかった」だけで

 

「最初から本気」

なのですから

「浮気」ではないので

「どうしようもない」のですよね。

 

そこがわからないと

「傷ついてしまう」のではないかな。

と感じています。

 

「浮気」の定義は、ひとそれぞれだと思いますが

問題になるのは、たいてい

「セックスした。しない」ですよね。

 

勿論、婚姻関係がある場合は

法律が関係します。

 

しかし、肝心な要点は

「なぜ、浮気をしたか」

 

要するに

「なぜ、自分以外の人とセックスをしたのか」

 

という点です。

 

しかし、大抵

「そこ」が「理解できない関係」にあると

 

この「セックスをした。しない」で

「浮気の議論」が行われるのではないか

と感じるのです。

 

答えは、明解なんです。

 

「その人と、セックスしたかったから」

 

純粋に、それだけなことが

殆んどですよね。

 

さみしかったから。とか

つらかったから。とか

 

その辺りは「あとづけ」なんですよね。

 

ですから、 

 

浮気をされたくない。

自分以外の人とセックスをされたくない。と思い、考えるならば

 

「パートナーが満足する、好みのセックス」

 

「パートナーが夢中になるセックス」

 

を知っていて 

そのセックスを楽しむ

 

だけ。

 

なんですよね。

 

それには、きちんと

「自分は、どんなセックスがしたいか」を

ふたりが、自分発信で伝えること。

 

話し合うことですよね。

 

本当に、とても

シンプルなお話なんです。